-97-自然の力を借りて
{}
 震災以降、
ブログの更新はお知らせに絞っているので前回の更新は1ヶ月以上も前になりました
そろそろ
暑さ対策を始められている方も多いと思います 
今年は
グリーンカーテンという言葉をよく耳にしますね
ツル性の植物をカーテンのように這わせるので
日光を遮り、
葉から蒸散する際にまわりの熱を奪うため
体感温度はずいぶん変わるそうです
緑を楽しみながら、
まるで木陰でひと息ついているようですね

エアコンの節電でよく言われているのは
フィルターの掃除をすることや
設定温度を上げ扇風機と併用することですが
室外機にも気を配る必要があるそうです
室外機のフィルターも掃除をし周辺には物を置かず、打ち水をし
雑草が生えていれば抜き
先ほどのグリーンカーテンも室外機の周りは避けましょう
植物には厳しい環境で
その上、熱交換効率も下がり
場合によっては火災の原因にもなるそうです






抜くといえば
一昨年の夏、医院改装の際に根っこから抜いたアジサイが
翌年の春、小さな芽を出し
夏には元の大きさになりました
今年はピンク色に染まった花が咲いていて
生命力の強さを感じます

先日、あるTV番組で
重油を分解する微生物の存在知りました
界面活性剤を出して分解し、水と二酸化炭素に変えのだそうです

14年前のナホトカ号重油流出事故の際
処理剤を撒くことに反対した地元の人たちと全国から集まったボランティアの人たちが
手作業で地道に重油を除去し続けたことで
この微生物の浄化作用も発揮され
海は少しずつ回復し
現在では、たくさんの魚が釣れるようになったそうです
しかも増えた微生物は重油が減ると減少するというのですから
自然の営みは賢明無駄がありません

人も
生きるのに必要なものを必要なだけ使い
自然を尊重した暮らし方に変えられれば
真の豊かさを得られるのかも知れません

地球温暖化、砂漠化、
放射性物質による汚染・・・
現在にも
将来にも大きな不安を感じますが
番組を見ているうちに
今からでも
自然の力を借りながらひたすら努力を続ければ
いつか自然を取り戻せそうな気がしました
回復することを信じて踏み出す第一歩は
原発に頼らずに生きる道を選択することではないでしょうか






posted by: tounai-dc スタッフ | スタッフ | 08:51 | comments(0) | - |||