-14-お気に入りを使い続けるために
{}



今日から衣替えですね
久しぶりに見ると

白のお気に入りに
シミがあってがっかり
ということがあります


入れ歯も・・・
いくら
調子がよくても
使い込んだ義歯は
洗浄剤でも取れにくい
ニオイや汚れが
気になります





みんなが集まって
食事をする時は
使い慣れたきれいな
義歯なら話もはずみます

洗浄を
プロに任せてみては
いかがですか?






洗浄だけでなく
仕上げに
コーティングをするので
細かいキズが消え
汚れもつきにくく
お手入れが
しやすくなります





材質そのものが
変色した場合は無理ですが
ほとんどの汚れが落ちて
すっきり・ツルツルに
なります

なじんだ義歯を
諦める前に
一度お試しになられては
いかがですか?

ご希望の方は
半日ほどかかりますので
お時間調整のため
ゆとりをもってご予約ください。

ご予約の際に
義歯の状態の確認をいたしますので
お持ちになってください

posted by: tounai-dc スタッフ | 入れ歯の話 | 09:00 | comments(0) | - |||
-47-仕方がないとあきらめていませんか
{}

今回は
以前地域紙
に掲載された
院長の記事を
編集
して
お伝えいたします

古いブログ
の時にも載せた内容なので
ご覧になられたことがあるかもしれませんが
入れ歯の方への
院長の気持ち
ちょっと分かる記事です


ある時
入れ歯だから同窓会の旅行を断ろうかと思う
という会話を偶然
耳にしました
入れ歯をはずした顔を見られたくない
どうもそれが
1番の理由のようでした
 
たしかに大きな入れ歯では
入れた時と外した時とで
大きく印象が変わる場合があります

同年代
にはもちろん
子どもや孫にも
見せたくなく
消極的になるのは
無理もないことです
 
入れ歯の下に
けし粒一つでも入ってしまうと
飛び上がるほど痛く
外してゆすがなければなりません

自分の歯に比べると・・
食事は味気なく
噛む力
も弱くなります

入れ歯というだけで
なんだか
年をとった感じがする
入れ歯を洗うたび
鏡にうつったにガッカリする
これは残念ながら
義歯では解決することができません

しかし
当たり前、仕方がない

あきらめることはありません
たとえ全部の歯を失っても
インプラント治療という方法があります

 
インプラントは
自分の歯と同様に
食事や歯の手入れができるので


顔のマッサージがしやすくなって
気持ちにもハリがでた
という方もいます




仕事や子育てから解放され
生活をエンジョイできる時に
入れ歯だから・・
年だから・・・
楽しみを自ら制限をしてしまうのは
もったいないことです
 
院長は
入れ歯の患者さんのためにも
インプラントという選択肢
どうしても必要だと考え
20年以上も前から
取り組み始めたそうです
新しい他の分野のセミナーだけでなく
インプラントのセミナーも
良い技術・情報を得るため
受講を続けています
悩みをおもちの方はぜひご相談ください 
若さを
手伝いをしたい
と思っています

ということです
インプラントについては
こちらをご覧ください

posted by: tounai-dc スタッフ | 入れ歯の話 | 16:51 | - | - |||